虫歯治療

虫歯かな…と感じたら、早めに歯科医院で診てもらうことが大切です。

虫歯とは、お口の中の細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。
糖は砂糖だけでなく、果物や乳製品にも含まれているので、甘いと感じる食品には糖が含まれていることが多いです。
また、炭水化物も唾液で糖に分解されるので、多くの食品が虫歯の原因となります。

虫歯になる原因

虫歯の原因は主に歯垢(プラーク)です。歯垢はただの食べカスではなく、細菌の塊です。この細菌が糖を分解して作った「酸」が歯を溶かします。
お口の中のpHは普段は中性に維持されていて、この状態では虫歯は出来ません。しかし、糖を含んだ物を食べるとプラーク中の細菌が酸を作り出し、お口の中が酸性になり歯が溶け始めるのです。

虫歯が進行すると

虫歯は、初期段階ではあまり痛みはありません。しかし、虫歯が進行するとやがて血管や神経が通っている歯髄にまで達します。そうすると、激しい痛みでご飯が食べられなくなったり、夜眠れなくなったりします。
つまり、痛みを自覚するころには虫歯が進行している可能性があります。そのまま治療せず、痛みを我慢していると歯の神経が死んでしまい一旦痛みは治まることがありますが、歯の中の細菌が増殖してまた痛みが出てきます。

進行してしまった虫歯を放置し続けてしまうと、歯が崩壊し、最終的に待っているのは「抜歯」です。
また虫歯で崩壊した状態を放置していると、虫歯の歯だけでなく周りの歯も移動して歯並びが悪くなったり、噛み合わせが悪くなったりして、他の歯にも影響を与えてしまう恐れがあります。

治療

まず、問診・診察をさせていただき虫歯の状態をチェックします。その虫歯の状態によって治療法も変わりますが、やはりひどい虫歯ほど時間も治療費も掛かります。一度虫歯が出来て歯に穴が空いてしまうと、自然に治ることは絶対にありませんので、できるだけ早く歯科医院で診てもらいましょう。
治療で使用するインレー(詰め物)やクラウン(被せ物、差し歯)には、様々な種類があり保険と保険外で使える材料も変わります。当院では、それぞれの材質や値段について詳しく説明させていただき、使用するものを決めます。

3DS

3DSとは(デンタルdental・ドラッグdrug・デリバリーdelivery・システムsystem)の略で、マウスピースに薬剤を入れて、直接虫歯菌や歯周病菌に作用し除菌する方法です。虫歯や歯周病のリスクが高い方に大変有効です。

虫歯や歯周病は細菌による感染症です。毎日のホームケアが一番重要ですが、3DSを歯科医院でのプロフェッショナルケアと併用することでより高い効果を得られます。

こんな方に

  • 虫歯や歯周病になり易い方
  • 歯に詰め物やかぶせが多く、2次的に虫歯になるのが心配な方
  • お子様に虫歯菌が感染するのを予防したい方

治療の流れ

  1. マウスピース(ドラッグリテーナー)の作製
    歯型をとりマウスピースを作製します。
  2. PMTC+3DS
    歯科医師、歯科衛生士による機械を使った歯のクリーニング(PMTC) を行い、診療室でマウスピースに抗菌剤を入れ、約5分間装着して薬剤を作用させます。
  3. ホームケア
    マウスピースと薬剤を持ち帰っていただき、ご自宅でも同様に約1週間行っていただきます。
歯やお口のお悩み、お気軽にご相談ください
受付時間
10:00~13:00/14:00~19:00

〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満2丁目9-1
若杉センタービル 2F

© Nishida Dental Clinic
メニュー
アクセス
WEB予約
電話予約
ご予約・お問い合わせ
受付時間
10:00~13:00/14:00~19:00