南森町の歯科 西田歯科医院
お問い合わせ・診療のご予約は 診療時間 休診日
Tel. 06-6881-0418 午前10:00~13:00
午後14:00~19:00
土曜・日曜・祝日
歯周病 歯周病治療

歯磨きをすると血が出たりしていませんか?

歯周病とは

最近、デンタルor歯科関係のコマーシャルなどでよく耳にする「歯周病」という言葉。
どういった病気かご存知ですか?
歯周病とは、お口に溜まった歯周病菌によって発症し、歯ぐき(歯肉)が腫れたり、歯を支える骨(歯槽骨)などが破壊される病気です。これにより、歯がグラグラし、上手く噛めない等様々な弊害が発生します。症状が悪化すると最終的には歯が抜けてしまう病気です。
歯周病の初期段階では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いのですが、実際には日本人の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。
軽度の歯周病である歯ぐきのみの炎症だと治療も簡単ですが、歯を支える骨が溶け出す中等度・重度の歯周病ともなると数年にわたる専門的な治療が必要となってきます。

歯周病になる原因

歯周病になると歯周病は細菌が起こす感染症で、その多くは歯垢(プラーク)や歯石によるものです。
歯垢(プラーク)は細菌に食べかすが付着する事によって出来上がります。そして歯だけでなく歯の周りに強力に付着していき、歯ぐきの炎症をおこさせたり、歯を支えている骨を溶かしたりしていきます。
歯石とは歯垢(プラーク)と唾液中に含まれるカルシウムが混ざって出来た物質で、細菌がたまりやすくなっています。歯垢(プラーク)は歯磨きで除去する事が出来ますが、歯石は非常に強固に歯の周りに付着しますので歯磨きでは除去する事が出来ません。歯石の除去は、歯科医院で専用の器具・機械を使って行う必要があります。

症状チェック

こんな症状が出ていたら要注意です。

  • 歯ぐきが腫れている
  • 口臭がする
  • 歯がゆるんでグッと噛めない
  • 歯並びが乱れてきた
  • 口の中がネバネバする

歯周病が怖いところはサイレントディディーズと呼ばれ、糖尿病と同じように初期の段階ではほとんど自覚症状がないことです。以上のような自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している事も多いので、少しでも「これって歯周病かな…」と思い当たる点があれば、すぐにでも歯科医院で診てもらいましょう。

治療

まずは、問診・診察をさせていただきお口の中がどんな状態にあるか検査いたします。 そして歯周病初期治療として、スケーリング(歯石取り)やブラッシング指導でお口の歯周病の原因菌を減らし、炎症を抑えます。同時に、歯周病の除菌治療(3DS)を行ったり、うがい薬や塗り薬、飲み薬等をお出しします。
初期治療で治らない中等度・重度の歯周病の場合は、必要に応じて歯周外科治療を行い、スケーリングでは取りきれない奥深くにある歯石を除去します。 その後治療によって炎症が治まったかどうか確認し、定期的なメンテナンスに移行します。
重度の歯周病治療では、治療期間が長期にわたるケースもありますが、治療を続けることで、症状が改善しご自身の歯を残すことにもつながります。

歯周外科治療について

歯周病が進行し悪化すると、細菌によって歯の周りの骨(歯槽骨)が溶かされ、減少します。歯槽骨は一度溶かされると、自然にはなかなか再生されません。そのため、歯槽骨を再生するのに以下のような外科治療を行う場合があります。

骨移植
自身の歯槽骨や顎の骨等を欠損した部分に移植する方法です。場合によっては人工の骨補填材などを使用することもあります。
GTR
歯の周りにメンブレンという特殊な膜を張り、外からの不要な歯肉が入り込まないよう防御し、歯周組織の再生を待つ方法です。
エムドゲイン
エムドゲイン・ゲルという薬剤を歯槽骨の欠損部に入れ、歯肉の侵入を防ぐと同時に歯周組織の再生を促す方法です。

歯周病治療症例

歯周病治療症例
ページの先頭に戻る